金子フォトギャラリー

2020年2月
金子行夫

第11回写真展「三人会」 

 写真展(2/13〜2/16)もお陰様で無事に終了いたしました。

 小南さん、橋本さん、古野さん、依岡さん、新木さん、阿部さん、など多くの電送のOBをはじめ
FBの友達など沢山ご来場いただき有難うございました。

       ◆ 会 場  日本教育会館 一ッ橋画廊  千代田区一ッ橋2ー6ー2


江の島からの富士山

2月上旬夕刻、江の島西南端にある稚児ヶ淵からの長秒で撮影、
稚児ヶ淵は夕景の美しさで「かながわの景勝50選」にも選ばれている名所です。

江の島から富士山までの距離は約69km。


田貫湖の夜明け

4月上旬夜明け前、撮影は4時半ごろ、田貫湖は静岡県富士宮市にある人造湖、富士山の西麓・朝霧高原の一角に位置している。湖周辺は良く整備されていて自転車で一周することもでき、キャンプ場や宿泊施設もある。


田貫湖の夜明け前

9月中旬夜明け前、撮影は5時半ごろ、田貫湖は静岡県富士宮市にある人造湖、田貫湖はダイヤモンド富士を撮影するのに人気の湖で、ヘラブナ釣りでも有名です。

左側の道路より数台の車が入ってきたので、富士山と共に光跡を撮影。


高ボッチ高原の早朝

11月中旬、撮影は7時前高ボッチ高原には写真撮影関連の友達大勢で2泊3日で行ってきました。

高ボッチ高原から諏訪湖を通して富士山までの距離は約106km。

2日間ともお天気が良く富士山を見ることが出来ました。


蓼科の岩を抱く原生林

11月中旬、紅葉も終わった季節

長野県茅野市ビーナスラインで蓼科湖を過ぎ駐車場から蓼科大滝方面へ進むと苔むした原生林が現れます。

この原生林はサワラやミズナラなどの巨木が多く、別世界の様な感じがします。

日当たりはあまり良くなく、大きく曲がったり、立ち枯れや、苔むした岩を抱く巨木もあります。


わに塚のさくら

4月上旬、推定樹齢約330年、幹周り3.6メートル、樹高17メートルの見事な一本桜です。

山梨県韮崎市にあり、郵政省「さくらメール」のポスターや2004年に放送された
「桜咲くまで」などテレビドラマのタイトルバックにも起用された桜です。


神磯の鳥居(T)

11月初旬、夜明けの撮影。

茨城県東茨城郡大洗町にある創建から1160年余りという歴史のある「大洗磯前神社」大洗海岸の岩礁に立つ神社の発祥にかかわる聖地「神磯の鳥居」。

夜明け前から海岸の岩場に降りて撮影、潮の干満や風向き状態によっては降りることが出来ない海岸です。


おしどり隠しの滝

10月下旬、紅葉の季節としては遅いくらいの時期、長野県茅野市奥蓼科にある横谷渓谷の滝で乙女滝、霧降の滝、王滝など多くの素晴らしい滝がありその上流に位置しています。
「おしどり隠しの滝」のマイナスイオン指数は「15,000個/cc」と表示されていました。


天下茶屋まえ

5月下旬、撮影は8時半ごろ、河口湖と甲府盆地を結ぶ国道137号線の旧道トンネルの手前「天下茶屋」まえより撮影。

標高は約1,000m付近。新緑が綺麗な時期で良く晴れて河口湖越に富士山が見え気持ちの良い日でした。


荒川 五色桜大橋の桜

3月下旬、東京都足立区の荒川に架かる首都高速中央環状線のジャンクション近く。
この荒川堤一帯は昔から色とりどりの桜が咲くことで有名であったそうで、橋の名称も「五色桜大橋」になったそうです。

撮影は五色桜大橋付近から荒川上流に向けての撮影。


高ボッチ高原からの富士山 諏訪湖越しに富士山を夜明けに撮影

11月中旬夜明け前、撮影は5時半ごろ、高ボッチ高原は、長野県塩尻市にあるなだらかな起伏の広大な草原。

標高は1665m、360°見渡せる。タイミングが良ければ諏訪湖上空に雲海の発生と富士山が観える。


霧ケ峰高原から夕刻の富士山

11月中旬、撮影は15時半ごろ、お天気も良く100km近く離れた富士山を良く見ることが出来ました。
霧ケ峰高原は八ヶ岳中信高原国定公園で長野県諏訪市と茅野市の北に位置します。

霧ケ峰は日本グライダー発祥の地として有名で良くグライダーが飛行しています。


神磯の鳥居 茨木県大洗磯崎神社の鳥居 日の出に撮影

11月初旬、日の出の撮影。日の出前から撮影し丁度鳥居の上に太陽が現れ光冠(光環)現象となった。

神々しすぎる絶景のパワースポットとしても有名です。

 
電送写真館 作品一覧
ホームへ