歩こう会

第53回歩こう会 横浜(山手・元町〜馬車道)探訪 

平成29年10月
倉田 達朗

 去る10月7日(土)、雨上がりの横浜、元町・中華街駅に7名が集い、今回も賀井さんの道案内により、 異国情緒あふれる山手の丘から、元町ショッピング街、多くの人で賑わう中華街、さらに県庁、税関など、港の歴史を彩る関内方面まで、 1万2千歩におよびました。賀井さんありがとうございました。
 まずは元町・中華街駅に隣接するアメリカ山公園の坂を5分ほど登り、横浜地方気象台、さらに5分ほどで港の見える丘公園に。
   
 同公園の花壇を巡り、大佛(おさらぎ)次郎記念館に入りました。 今年生誕120年だそうで、愛猫家の側面も垣間見ました。

イギリス館、岩崎博物館(ゲーテ座記念)を通り過ぎ、外国人墓地から、ブリキのおもちゃ博物館へと。

 
さらに横浜の歴史と自然をテーマにした山手資料館、
 そこから20分ほど歩いてベーリック・ホールを見学。
代官坂を下ると20分で元町ショッピングストリートに出ました。
 
すでに11時30分をまわって腹の虫が鳴くころ、混雑する中華街の朝陽門をくぐり、華福飯店という店に入りまず一杯。
 
 すでに7千歩で「今日はもういいか」の声にもめげず、ほろ酔い気分で関内方面へオフィス街を進み、神奈川県庁の屋上から、大桟橋を一望。
 その県庁の港側に位置する横浜税関資料展示室、またその近くの開港記念会館も見学。
 馬車道方面へビル街を20〜30分行く途中、どでかい水陸両用車が走り抜け、記念にパチリ。
   
14時をまわり、馬車道駅近くの居酒屋で「歩こうる会」本番。
   


1万2千歩の疲れか、酔いがまわって意識がないまま帰宅。

健康で歩けることに感謝し、心身とも若くありたいものです。

なお次回は12月9日(土)都内・中目黒、代官山、祐天寺など。
また年を越してから屋形船の案も浮上。楽しみです。
 
ホームへ